【順位戦 C級1組 2回戦】藤井 vs 堀口戦はスピード決着!佐々木七段、石井五段らが連勝をキープ

順位戦

こんにちは、まつだ(@CurePizza72)です。
7月2日(火)に第78期順位戦 C級1組の一斉対局が行われました。

昨日より何かと世間を賑わせている
藤井聡太七段 vs 堀口一史座七段の対局はもちろんのこと、
そのほかの有力棋士の対局結果と今後の展開を予想していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

対局結果の振り返り

では、早速昨日の対局結果を振り返っていきたいと思います。
結果は以下の通りとなりました。

○阿部健治郎 七段 vs 船江恒平  六段●
●堀口一史座 七段 vs 藤井聡太  七段○
●先崎学   九段 vs 高崎一生  六段○
●森下卓   九段 vs 片上大輔  七段○
●宮田敦史  七段 vs 安用寺孝功 六段○
●豊川孝弘  七段 vs 宮本広志  五段○
○西尾明   七段 vs 村田顕弘  六段●
●塚田泰明  九段 vs 佐々木勇気 七段○
○佐藤和俊  六段 vs 金井恒太  六段●
○北島忠雄  七段 vs 都成竜馬  五段●
●千葉幸生  七段 vs 増田康宏  六段○
○小林裕士  七段 vs 阪口悟   六段●
●青野照市  九段 vs 青嶋未来  五段○
○島朗    九段 vs 平藤眞吾  七段●
●佐藤秀司  七段 vs 高野秀行  六段○
○及川拓馬  六段 vs 門倉啓太  五段●
●真田圭一  八段 vs 石井健太郎 五段○
●高橋道雄  九段 vs 日浦市郎  八段○

藤井 vs 堀口 戦

開始前から色々な意味で注目を集めていた本局。
結果は午前11時台に終局を迎えるという、順位戦にしては早い決着となりました。

勝利した藤井七段(3位)は順位戦を連勝スタート。
昇級に向けて幸先の良い船出となりました。

 

堀口七段の言動については…
本人の生活の実態が見えない中、
部外者が面白おかしく騒ぎ立てるべき性質のものではないと思っています。

彼自身は昨日、対局時刻に遅刻せず、盤の前に座り、将棋を指した。
今はその事実だけを捉えるだけでいいかなと。

 

塚田 vs 佐々木 戦

近年、不調に陥っていた佐々木勇気七段(14位)。
6月頭まで年度またぎで6連敗と実力を発揮できずにいましたが、
塚田九段(26位)との本局は角換わり腰掛け銀の難しい将棋を、持ち時間を1時間弱しか使わずに圧勝。

こちらも順位戦を連勝スタートとしました。

この勝利を含めても今年度の成績は未だ2勝4敗ですが、
将棋に勢いがあり、復活の兆しが見えてきています。

藤井七段の29連勝を止めたことで一躍脚光を浴びてから2年…。
将棋界の未来を担う大器がいよいよ昇級に向けて動き出します。

北島 vs 都成 戦

前節、強敵・船江六段に勝利し、
昇級有力候補と見られていた都成五段(20位)。

本局の相手はベテラン・北島七段(18位)でした。
直近の成績を見ても都成五段の勝ちかな〜なんて軽い気持ちで見ていたのですが、
そう簡単に勝たせてもらえないのが順位戦。

相雁木の押したり引いたりの中盤戦から北島七段がわずかにリードを奪うと、
その微差を保ったまま最後は制勝。

ベテランの味を存分に見せつけました。

敗れた都成五段は1勝1敗に。
今期の昇級レースも混沌としそうです。

 

今後の展開予想

昇級有力候補者の次戦の相手は以下の通り。

藤井七段  vs 金井六段
増田六段  vs 及川六段
都成五段  vs 日浦八段
石井五段  vs 宮本五段
佐々木七段 vs 北島七段

増田六段、都成五段はすでに1敗を喫しているため、
これ以上の黒星は避けたいところです。

が、増田六段の相手は強敵・及川六段。
この一局が次節の最注目局でしょうか。

藤井七段は金井六段と順位戦で初対局。
佐々木七段は今回都成五段を下した北島七段との対局です。
ベテランの一発が再度入るのか!?

次戦、8月6日(火)の対局も注目していきたいと思います。

それではまたッ!

 

タイトルとURLをコピーしました