【順位戦 B級1組 3回戦】菅井竜也七段ら3名が連勝!永瀬叡王はまさかの3連敗という結果に

順位戦

こんにちは、まつだ(@CurePizza72)です。

7月11日(木)に第78期順位戦 B級1組の3回戦が行われました。

 

1年を通して争われる順位戦ですが、早くも星に偏りが見られてきています。

特に、事前に昇級を予想していた棋士が連敗を喫するなど、さすが「鬼の棲家」と言われる魔境。

予想も一筋縄ではいきませんね。

 

それでは今回も対局結果の確認からしていきましょう!

 

スポンサーリンク

対局結果

昨日の対局結果は日本将棋連盟の公式HPより確認することができます。

 

もし公開されていない場合は、非公式ながら非常に便利な下記のレーティングサイトを参考にするといいかもしれません。

 

3回戦は山崎隆之八段が抜け番。

菅井竜也七段、千田翔太七段が無傷の3連勝で駆け抜ける中、

行方尚史八段、畠山鎮七段、永瀬拓矢叡王が未だ勝ちなしの3連敗に沈むなど、だいぶ勝ち星に偏りが見られる結果となっています。

 

菅井七段、千田七段が3連勝スタート

菅井七段と千田七段が今節も勝利を収め、3連勝と好スタートを切っています。

また、斎藤慎太郎王座も難敵・永瀬叡王を下し、2連勝。

関西若手棋士のファンにとっては嬉しい夜になったのではないでしょうか?
(千田七段は関東に移籍しましたが…)

関西の若手に非常に勢いがありますね。

 

管理人
管理人

このまま昇級まで突っ走っても驚かない

とは言え長いリーグ戦です。

まだまだ楽観視はできませんが、菅井七段を中心とした関西勢が今期リーグの中心となることは間違いなさそうです。

 

永瀬叡王、まさかの3連敗

そんな上位陣と比べ、まさかの苦戦を強いられているのが永瀬叡王。

今期は出だしから3連敗と持ち味を発揮できていません。

昨日も斎藤王座と日付をまたぐ死闘を演じましたが、惜しくも敗戦。

 

管理人
管理人

最初の1勝が遠い…

まさか1期で降級…なんてことはないと思いますが、A級への道はかなり険しいものとなることは間違いありません。

復活に期待しましょう!

 

まとめ

現時点では白星が集まらない棋士がいても、最後まで何が起こるかわからないのがB級1組順位戦。

3連勝からの4連敗…なんていうのも普通にある世界ですし、全棋士ともまだまだ諦めてはいないはず。

次戦は、

  • 永瀬叡王 vs 千田七段

という永瀬叡王にとっては正念場の一局が組まれています。

永瀬叡王は初白星を、千田七段は4連勝をかけて対局に臨みます。

4回戦は8月22日。次局も熱戦を期待しましょう!

それではまたっ!

タイトルとURLをコピーしました